映画

ニコラスケイジのアクション映画おすすめ3選(90年代)

©1996 BuenaVistaPictures

ハリウッドの顔芸俳優と言ったら「ニコラス・ケイジ」ですが、今現在も活発な俳優活動をしていて正義のヒーローサイコパスや悪役など幅広いキャラを演じていて大活躍しています。ニコラスケイジはいつの間にかインパクトMAXの顔芸で有名になっておりますが、昔は正統派のアクション映画に多く出演していて非常に興奮した記憶がございます。

ということで、ブログ主的にはニコラスケイジがアクション映画ピーク時代であった90年代おすすめアクション映画3選を紹介します。

ニコラスケイジのアクション映画おすすめ3選!

FBI化学屋奮闘!「ザ・ロック」

作品名 ザ・ロック(原題:The Rock)


Amazonプライムの登録ページ
公開日 1996年
代表的な主演人 ニコラスケイジ、ショーンコネリー、エドハリス
内容 孤島の監獄として有名なアルカトラズ島がハメル准将(エドハリス)率いるテロリストに乗っ取られます。アルカトラズ島に観光してきたツアー一団を人質に取り身代金を国に要求。要求に応えなければ、超絶凶悪な化学兵器VXガスをロケットでバラまくぞ!という展開。
で、この化学兵器に詳しいFBI化学専門科のグッドスピード(ニコラスケイジ)と、昔アルカトラズ島から脱走成功したメイソン(ショーンコネリー)がタッグを組みテロリストに立ち向かうためアルカトラズ島に突撃しちゃう!
みどころ! ・めちゃくちゃ豪華キャスト!ニコラスケイジ、ショーンコネリー、エドハリスが共演している時点でもう内容関係なく必見。
・最初から最後までアクションシーン満載!アルカトラズ島に乗り込む前段階なのに街中でカーチェイスのどんちゃん騒ぎもあり序盤のぐだぐだシーンも皆無。純度100%のアクション映画
・一緒に突撃した特殊部隊が最弱過ぎてすぐに全滅、圧倒的無理ゲーの状況でニコラスケイジとショーンコネリーおじさんがんばる
・映画の展開を盛り上げる音楽が秀逸!テレビでもよく使われるBGMで、危機迫る感じをうまく表現してハラハラさせる音楽!サントラ買ったくらい良い。
ニコラスケイジの
活躍ポイント
・化学屋のくせにテロリストとのどんちゃん騒ぎに巻き込まれて何だかんだ敵を倒していくシーン。もちろん、必死になっているニコラスケイジの顔芸は必見
・化学兵器のVXガスを敵に食わせるシーンと、ロケットで敵を倒すシーン、とにかくニコラスケイジ強い
シネマ坊や
シネマ坊や
ショーンコネリーとエドハリスもめちゃくちゃかっこいいんだよね。
ぽっちゃりボーイ
ぽっちゃりボーイ
VXガス、緑色のでっかい飴みたいでおいしそうだなぁ

治安悪すぎ飛行機「コン・エアー」

極悪人を輸送する飛行機、コンエアーが極悪人集団にハイジャックされます。

作品名 コン・エアー(原題:Con Air)


Amazonプライムの登録ページ
公開日 1997年
代表的な主演人 ニコラスケイジ、ジョンマルコビッチ、ジョンキューザック、ダニートレホ
内容 軍人であるキャメロンポー(ニコラスケイジ)の恋人が酔っぱらいに絡まれて、キャメロンポーといざこざになり酔っぱらいが攻撃をしてきたのでカウンター食らわせたら酔っぱらいが死亡。故意でない殺人容疑で刑務所にぶち込まれる。
で、キャメロンポーは偉いので模範囚になり仮釈放が決定し囚人輸送機のコン・エアーで運ばれている最中、色んなジャンルの極悪人たちがつるんでコン・エアーをハイジャック!ここからキャメロンポー無双が開始する。
みどころ! ・これもまた豪華キャスト。とにかく悪者役の俳優が軒並みマジで悪者面!とくに強姦魔のダニートレホは最凶の面構え!絶対一緒に飛行機乗りたくない。とにかく個性豊かな悪者が勢ぞろい。
・ダメダメの捜査官が調子に乗っちゃうけど、お気に入りの車がコンエアーと一緒に空を飛んじゃうのでスカっとする。
・スティーブブシェミのサイコパスちっくな役柄が、極悪人の中でもふんわりと癒し系。
・コンエアーがラスベガスに突っ込むシーンがド派手で大迫力
ニコラスケイジの
活躍ポイント
・ザ・ロックと対照的で、圧倒的な強さを誇るニコラスケイジの一人無双状態。
・ニコラスケイジの髪の毛が長い(カツラだけど)
・他作品に比べるとニコラスケイジの顔芸が少ない真面目な役柄
シネマ坊や
シネマ坊や
まったく凶悪な囚人フリーダムにし過ぎっしょ
ぽっちゃりボーイ
ぽっちゃりボーイ
ラスベガスに突撃するシーンは実際に飛行機を建物にぶち込んだらしいぞ!

圧倒的顔芸対決!「フェイス・オフ」

こちらはニコラスケイジとジョントラボルタの顔芸合戦が見れる極上アクション映画

作品名 フェイス/オフ(原題:Face/Off)


Amazonプライムの登録ページ
公開日 1997年
代表的な主演人 ニコラスケイジ、ジョントラボルタ
内容 FBI捜査官のアーチャー(ジョントラボルタ)とテロリストのキャスター(ニコラスケイジ)の圧倒的顔芸入れ替え対決映画。アーチャーの息子がキャスターに撃たれてしまい、その恨みを晴らすべくアーチャーがキャスターとの激戦!なんとかアーチャーが勝利してキャスターは植物人間になっちゃう!でもこれで終わりではなく、テロリストのキャスターはまさかの細菌爆弾をどっかに仕掛けた事が判明し、植物人間のキャスターにはどこに爆弾あるか聞けない!ということで、極秘医療技術により、アーチャーは植物人間のキャスターの顔を移植して、テロリストの仲間に爆弾の場所を吐かせるミッション開始。でも、植物人間だったキャスターが再起動してどんちゃん騒ぎ開始
みどころ! ・ニコラスケイジだけではなく、ジョントラボルタも負けないくらいのド迫力顔芸連発!正義と悪者役が入れ替わるのだが、両者とも名演技!さっきまで正義役だったのに一瞬でクレイジーな悪者になっちゃうのが観てて面白い!
・さすがジョンウー監督!銃撃戦のアクションシーンがド迫力でハラハラドキドキ!
・ニコラスケイジの顔になっちゃって刑務所にぶち込まれるジョントラボルタ可哀想過ぎる
ニコラスケイジの
活躍ポイント
・ニコラスケイジお気に入りの黄金銃がかっこいい
・「ザ・ロック」、「コン・エアー」、「フェイス/オフ」の3作品の中では圧倒的なニコラスケイジの顔芸が見れる。むしろ、ニコラスケイジの顔芸はここから始まったと言っても過言ではない。
シネマ坊や
シネマ坊や
顔移植して刑務所入ってボコボコにされちゃうとか嫌な仕事だな
ぽっちゃりボーイ
ぽっちゃりボーイ
今回は美味しそうな食べ物は出てこないな!




お問い合わせ