映画

【宇宙好き】インターステラー【ブラックホールは最高のロマン!】

今回はブログ主の大好きな宇宙大好きエンターテイメントのクリストファー・ノーラン監督「インターステラー」の紹介をします。

ブログ主の記事は大半おバカなB級映画を紹介してばかりですが、「インターステラー」は超真面目めちゃくちゃ高品質A級映画です。
そもそもクリストファー・ノーラン監督の映画と言えば、オシャレ映画がほとんどですね。「ダークナイト」や「インセプション」や最近では戦争映画「ダンケルク」です。当然今回の「インターステラー」も宇宙的オシャレ映画です。

ということで、ブログ主はクリストファー・ノーラン監督大好きなので若干ひいき気味で評価しているかもしれませんが「インターステラー」を紹介

シネマ坊や
シネマ坊や
映画を観ながら宇宙旅行している気分になるぜ~

インターステラーで宇宙の神秘へ

作品の紹介

作品名 インターステラー(原題: Interstellar)
公開年 2014年
監督 クリストファー・ノーラン
俳優 マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/マット・デイモン etc
あらすじ 地球の環境が悪化し、人間が生存するのに限界を迎えていた時代に、人間が移住できる惑星を探しに行こうぜ!っということで頭の良い科学者が数人で宇宙に旅立つ。その中のクルーの一人であるクーパー(マシューマコノヒー)は、まだ幼い娘を地球において旅立つのに葛藤したが、人類のために宇宙に旅立つ。

シネマ坊や
シネマ坊や
地球はもう限界ですよ

Amazon Primeビデオ


インターステラー メイキング映像付(字幕版)

↓4Kテレビがあるならこっちを見たい

インターステラー <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組) [Blu-ray]

見どころ

【宇宙旅行感を味わえる】
壮大な宇宙旅行スペクタクル映画です。
とにかく映像が壮大でありリアルなくらい綺麗なので、宇宙に行ったら本当にこんな惑星ありそうだなぁ~っていうワクワク感が止まらない映像の連続!
 作品中で、惑星探索でミラー博士がいるとされる水の惑星に降り立つも、遠く水平線の先にある山があるなぁ~みたいな呑気な事を言っていたら、
実はそれは山くらいの高さがある巨大津波!(たぶん千メートルくらいある)
ここの映像演出がもうすごくて圧倒的絶望感しかない。静かに迫ってくる津波と鬼気迫ってくる音楽の演出もありハラハラドキドキ。

シネマ坊や
シネマ坊や
水の惑星怖すぎる!早く逃げるっしょ!

次に氷の惑星に行くことになるんですが、またこの惑星も素敵な特徴を持った惑星!
雲が凍っていますね!危うく宇宙船が氷の雲にぶつかってゲームオーバーになるところでしたよ。

専門家
専門家
分かりましたよ!雲が凍っているという事は…相当寒いってことでしょ!
シネマ坊や
シネマ坊や
そんなん誰でもわかるぞ

また、ちょっと宇宙好きな人だと知っているかもしれない「ワームホール」や「ブラックホール」も漏れなく登場!!!
っていうか宇宙船突っ込んでいっちゃうから。
ここまでリアルにワームホールやブラックホールに突っ込む映画はないでしょう!

専門家
専門家
誰も経験したことないから、描き方は自由だもんね!
シネマ坊や
シネマ坊や
でも、本当に吸い込まれたようだったよ。ロマンだわ。

【ヒューマンドラマ】
とにかく宇宙のロマンが詰まった映画ですが、実はそれだけではなくちゃんと映画として素敵なストーリーがあります。
冒頭で置き去りにしてった主人公クーパーの娘との絆がまさに奇跡を起こすドラマティックな展開!
もう突っ込みどころとかあるかもしれませんが、そんなん大目に見てあげて!

シネマ坊や
シネマ坊や
何万光年離れていても愛の引力はなくならないってことですけ

あとはあれですね、相対性理論とか何かの法則で、水の惑星に1時間いるだけでも地球では7年の月日が過ぎてしまっているという時間の問題ですね。これも宇宙旅行には欠かせない要素ですよね。当然インターステラーでもそこらへんの話は出てきていますし、実際に宇宙船でお留守番していたクルーがめっちゃくちゃ歳食っちゃってる!という状態になりますからね。

専門家
専門家
水の惑星で8時間寝たら、地球では56年経っちゃってるってことね
シネマ坊や
シネマ坊や
昼寝してるどころじゃないわね!

こんな人にお勧め

ということで、かなり長編映画ですが正直見ごたえはあります。下記の人にはお勧めしたいですね。

こんな人におすすめ!

・宇宙旅行行った気分になりたい
・ワームホール、ブラックホールに吸い込まれたい
・めちゃくちゃ難しい用語とか物理学の知識出てくるけどそんなに気にしない人
・父親と娘の愛の力を感じたい人

お勧めできない人

・細かい事気にしちゃう人
・ブラックホール、ワームホールの絶望感に屈してしまう人






お問い合わせ