ゲーム

オークションでゲームソフトを高く売る方法!即決価格を使いこなす!

ゲーマーな私は次から次に新作のゲームを購入するのですが、飽きてしまうのも早く積みゲー状態になることがよくあります。

そういう時は勿体ないので次のゲームのための資金として昔のゲームは売却しますが、そこらへんのゲーム屋に売っても高く買い取ってくれるわけじゃありません。

私は昔からゲームを売るのは「ヤフーオークション」と決まっています。なぜなら最もゲームソフトが高額で売れるからです!

という事で、これまで数百本のゲームソフトをヤフオクで取引した実績をもとにゲームソフトを100円でも高く売る方法をお話しします。

売却屋
売却屋
ゲームはダウンロードよりパッケージ購入派ですよ!

ヤフーオークションを利用する理由

そもそもTSUTAYAとかゲオなどにゲームソフトを売る場合は、店側のマージン代(仲介手数料)が取られてしまうので売却額が相当下がってしまいます。

売却屋
売却屋
それでも良いから早く売りてぇ!という人は店に行って売りましょう。

なので、店で売らないとなるとゲームソフトを売る方法は、利用ユーザの多いヤフーオークションメルカリの基本2択になります。

メルカリはオークションではなくフリマアプリなので設定価格以上には売ることができないのと値段交渉とかちょいめんどかったりするので、やはり競争原理が働く&終了するまでは基本放置可能なオークションの方が、予想よりも高く売れるし取引のステップも楽チンです。

ヤフーオークションでのゲームソフトの出品方法

出品するソフトの落札相場を確認する

オークションで重要な事は、現時点で売りたいソフトがどのくらいの相場で売れるのか価値を見極める事です。

昔買ったゲームソフトだから価値は落ちているのだろうなぁと思いきや、人気のあるゲームは時が経ってもあまり値崩れせず高く売れたり、逆に最近発売されたばかりなのにクソゲー過ぎて暴落ワゴンセール状態にまで値下がりしちゃうものまで。

売却屋
売却屋
キン〇ダムハーツⅢの暴落っぷりはやばかったですからね!

なので、適当な値段でオークションに出品してしまい相場よりも安い値段で落札されちゃったり、高い値段に設定し過ぎて誰も入札しなかったり残念な状態になってしまいます。

しかし安心!最近のオークションは非常に便利!売りたいソフトが直近どのくらいの価格で落札されているのか落札相場が見れます。

調べ方は簡単。売りたいソフト名を検索したら右上に「落札相場を調べる」というリンクがあるのでこれをクリック!

ソフトを検索したら、「落札相場」を調べる

すると、過去にそのゲームソフトがどのくらいの価格で落札されたのかを調査できます。

過去の落札価格を調査

ここで抑えておくべき情報はこれ

・対象ソフトの落札履歴を10~20件ほど見て、落札平均価格を把握しておく
⇒オークションのスタート価格を決めるのに参考する価格
・その中でも最も高額で落札された価格を覚えておく
即決価格を決めるのに参考となる価格

これは、出品する際に設定するスタート価格と、即決価格を決める際に必要な情報になるので覚えておきます。

売却屋
売却屋
即決価格ってなんや!と思った方はちょっと待ってください。後半説明します!

スタート価格は平均落札価格の-2,000円前後

オークション出品する場合はスタート価格を設定しますが、このスタート価格を高くし過ぎてしまうとまったく相手にされません(笑)

まずは、ソフトを探している人の目に留まるようにスタート価格は安めに設定しましょう。

ただ、1円スタートは個人的におススメしないです。

というのも、1円にしてもどうせ終了日近くなると値段上がってくるんだから今は相手しなくていいや、って思われてしまい、後回しにされちゃう可能性があり終了まで忘れ去られてしまう可能性があります。
(というのも、私自身がそうなので…狙っていたソフトが1円だった時に放置していたら終了日忘れてて気づいたら終了していた)

なので、まぁ一旦平均落札価格の-2,000円程度が良いかと思います。例えば4,000円での落札相場のソフトの場合はスタート価格は2,000円くらいにするとか。

重要なのは、探している人に商品を閲覧されたら「ウォッチリスト」に入れてもらえるような価格が好ましいですな。

必ず「即決価格」を設定する

今回のこの記事の中でも「最も重要な事項」です。

実は私もそうなのですが、このゲームをやりたい!と思った時にはすぐにそのゲームをプレイしたくなるんですよ。
でも、ゲーム屋さん行ってまで高い値段で買いたくないなぁと思うときが多々あります。

オークションなら比較的安めに買えるからオークションで手に入れたいけど、まだ終了日まで時間あるしなぁ~…

そういう人のためにあるのが「即決価格」です!

設定した即決価格で落札すれば一発で終了して即取引開始となるので、早くゲームしたい人には需要ありまくり!

個人的な意見ですが、ゲーム好きな人は我慢できない人が結構多いです。
新作のゲームを買うとき、店が開店するの待てないからダウンロードで買っちゃったりとか、発売日前に手に入れた人を羨ましがったり。

売却屋
売却屋
様子見だったソフトがネットで大絶賛されてたりするとすぐ欲しくなっちゃうんですよ!我慢できない!

そういう人は、多少値段が高くてもすぐにゲームを欲しがります。
お店行って買うより安いからいいや!という気持ちにさせる即決価格の設定が重要です。
即決価格が高過ぎてもても相手にされませんが、意外とこんな高めでも落札する人いるんだってくらい高く売れている時があります。

という事で、下記ポイント

即決価格には落札相場で確認した「最近の最高落札価格」を設定してみましょう。
もうちょっと欲張って数百円くらい高くしても良いかもしれません。
売却屋
売却屋
まぁ店で買うよりも安いしすぐプレイしたいから即決で落札しちゃお!!

「送料込み」の価格にする

送料込み」にする方が、商品タイトルに「送料無料」というアイコンを表示できるため入札を狙う人に「お得感」をアピールできます。

送料無料をアピール

さらに、送料別の場合だと出品者と落札者の間で送料の連絡も必要になりワンステップ手間がかかってしまいます。
発送種類によっては発送距離により料金が異なってくることもあるため、出品者側も送料を調査するのに面倒くさい場合があります。

ゲームソフトはコンパクトに発送できるため、緩衝材で包んだとしてもヤマトや郵便局から170円前後で発送が可能なので出品者送料負担だとしてもそこまでダメージはでかくないです(笑)とりあえず、送料分を含めて200円くらい上乗せで落札される金額を想定しましょう。

売却屋
売却屋
うっひょー!送料無料の方がお得だぜ!ひゃっはー!



できる限り長い期間出品する

当然、一人でも多くの人に商品を見てもらうために長い期間出品するのは理由ですが、それ以外に最も長い期間で出品する理由は下記!

落札日まで待ちきれない人が即決価格で落札してくれるため
⇒出品期間が短く終了日まで我慢できる人も、出品終了まで6日間あるなどの場合、ちょっと高いけどまぁ店で買うより安いからいいやっていう心理ですぐ即決価格で落札してくれる。この場合、出品した日にすぐ即決価格で落札されるなんて事も多々あります。

終了時間帯は23時~1時くらい

この時間帯は、社会人も学生も仕事やバイトが終わってからのフリータイム率が高いときです!
なので、入札してくれそうなターゲットを引き寄せる最も良い時間です。
寝る前の疲れている状態の時にストレス発散で何か通販で買い物しちゃうみたいな人がたまにいると思います。(実は私もそう)
そういう人は勢いで入札してくれるので(笑)

売却屋
売却屋
よっしゃー!落札してやるぜぇ!

商品の写真は掲載する

入札する人に商品の状態を写真で見てもらい安心してもらうためにもパッケージ正面と中身のディスクやカートリッジの写真は掲載しましょう。

商品の状態は最高に綺麗にしておく

商品のタイトルには常に「中古美品」とか「新品同様」などの文言を入れます。
やはり、中古の状態で買うにしても綺麗な状態の商品を買いたいものです。
そのためにもゲームを新品で買ってきたときには、いつか売ることを想定して綺麗な状態に保っておきましょう。ディスクの裏面を指で触って指紋を付けちゃう事を避けるくらい慎重に。

売却屋
売却屋
お菓子食べた手で触るのもNGよ!

まとめ

ヤフーオークションでゲームソフトを売る最大のポイントはやはり「多少高くてもすぐプレイしたい人向けの絶妙な即決価格を設定する」です。昔と違い、今は落札価格の相場がわかるのでどのくらいの金額に設定すれば即決で落札されそうだ…という想定はしやすい環境になっています。平均よりも高くソフトを売って、次のソフトに向けて資金集めをしましょう!





お問い合わせ