映画

犬好きにおすすめの泣ける映画「僕のワンダフル・ライフ」

©2017 UNIVERSAL PICTURES

※ネタバレ含む記事です。

嫁がしつこくおススメをしてきた映画「僕のワンダフル・ライフ」を観ました。
犬が主人公の犬好きのための素晴らしい感動映画でした。

いつもB級映画ばかり見ていて汚れきった心をクリーンにしてくれる映画です。

ということで、特に犬を飼っている人は必見、犬を飼っていなくても動物好きだぜ!っていう方も必見、いつもB級モンスター映画ばかり見ていて汚れきってしまった心を洗浄したい人にも必見の「僕のワンダフル・ライフ」を紹介します。

シネマ坊や
シネマ坊や
うひー!号泣しすぎて顔が変形しそうだ!

感動犬映画「僕のワンダフル・ライフ」

作品の紹介

作品名
僕のワンダフル・ライフ(原題:A Dog’s Purpose)
公開年 2017年
原作 野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)
あらすじ とある犬は、人生を全うして死を迎えると前世の記憶を保持したまま新たな犬に生まれ変わる!その生まれ変わりループの中で特に可愛がってくれた飼い主の元に何度か生まれ変わりを経て再開を果たす。人間と犬の絆が生み出す超絶感動ストーリー

うーた
うーた
生まれ変わってしまっても可愛がってくれる飼い主の元にまた行きたいですな!

見どころ

完全犬から目線の映画

タイトルにある「僕の」というのは、生まれ変わりを繰り返す主人公の犬の事を示します。そしてこの映画は最初から最後まで犬視点での展開。まさに犬の気持ちになれる映画!この映画を見た後は、犬が何喋ってるのかなぁとか何考えているのかなぁとか考えちゃいます。

シネマ坊や
シネマ坊や
ブタの映画「ベイブ」もブタから目線でしたね!
うーた
うーた
犬の気持ちを考えてみよう!

犬にとって人間はかけがえのない存在

犬にとって飼い主はとても大切な存在です。飼い主に可愛がられたいという気持ちで犬は行動しますが、それに飼い主が応じてくれるかどうかは飼い主次第!犬は飼い主を選べないので、残念な飼い主になっちゃったときは犬がかわいそう…

この作品の生まれ変わる犬は、当たりの飼い主、ハズレの飼い主どちらも体験します。当たりの飼い主に可愛がられているときは観ていてホッコリするし、ハズレの飼い主のときはその無責任さときたらめちゃくちゃ腹立ちます!!現実でもそういう無責任な飼い主がニュースで出てきたりすると本当に腹立ちますからね。

犬でなくても動物を飼っている人間には共感できるシーンがたくさん。飼い主のために命がけで行動してくれる犬のシーンなど号泣必須でハンカチ必要。人間と犬の絆の大切さを再確認できる映画です。

シネマ坊や
シネマ坊や
こ、これは犬だけではなく動物好きにはたまらず号泣しちゃいますわ

大好きな飼い主と奇跡の再会!

この映画の見どころは、生まれ変わりを繰り返す中で最も可愛がってくれた飼い主に転生を繰り返して再会するシーンです。
当然、再会するときは以前の犬とは違う犬種になっていますが、それでも「記憶」は保持しているため何とか飼い主に思い出してもらおうと必死になる主人公犬にここでも号泣必須。無事、飼い主に思い出してもらった時にはもう歓喜!

うーた
うーた
大好きな飼い主に再会できてよかったなぁ~!

こんな人にお勧め

こんな人におすすめ!

・くだらん人間の恋愛映画なんて見てられん!
・動物大好きな人
・犬を飼っている、これから犬を飼おうとしている人

お勧めできない人

・犬嫌いな人

レンタルしに行くのが面倒くさい人はAmazonプライムで「僕のワンダフル・ライフ」を観よう!
Amazonプライムを体験してみる

ちなみに家で飼っている愛犬




お問い合わせ